銀シャリのお笑い動画・芸歴・芸能噂話・運営しているSNSなどの情報

スポンサーリンク

銀シャリは、鰻和弘さんと橋本直さんによる、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いコンビです。

鰻さんは、とても珍しい苗字から芸名と思われがちですが本名であり、「鰻」という苗字の方は日本に7名程度しかいないと言われています。
また、鰻家では、代々鰻を食べてはならないという言い伝えがあり、実際に食べたご先祖様は2名とも心臓麻痺で亡くなっていたり、うなぎパイを食べた鰻さんのお兄さんが救急車で運ばれたこともあるそうです......。

鰻さんも橋本さんも大阪NSCの25期生であり、当初は鰻さんは「ポジションパーラーすえすえ」というトリオで、橋本さんは「ビールズ」というコンビで活動していましたが、2005年6月にふたりで「銀シャリ」としてコンビを組みました。
この銀シャリというコンビ名は、ふたりでお互いに20こずつコンビ名の案を出し合ったところ、「銀シャリ」というひとつだけがかぶったために、このコンビ名に決めたそうです。

銀シャリのおふたりは、「ABCお笑い新人グランプリ」にて、2008年から2010年まで3年連続最終決戦に進出したり、「M-1グランプリ2010」においても決勝進出、さらに「THE MANZAI2011」でもワイルドカード決定戦を勝ち上がり決勝進出を果たすなど、高い実力を見せつけました。
また、「キングオブコント2012」においても初の決勝進出を果たしています。

銀シャリの芸風は主に漫才で、しゃべくり漫才が基本です。
鰻さんのボケに橋本さんがツッコむのですが、一々ツッコまず、鰻さんが一通りボケ通してから橋本さんがまとめてツッコむというスタイルが特徴的です。

銀シャリのおふたりといえば青いジャケットがトレードマークですが、これは横山やすしさん、西川きよしさんのような、古き良き漫才にこだわりを持っているためなのだそうです。
M-1グランプリ2010の決勝では、西川きよしさんからメッセージが送られたこともあります。

漫才が主軸の銀シャリですが、コントを行うこともあり、キングオブコントの成績に代表される通り、コントの実力も高いです。
他にも、鰻さんはジョン・レノンさんの顔マネが得意で、橋本さんがオノ・ヨーコさんに扮してネタを披露することがあったり、橋本さんは“うまいことを次々言う芸”や、ジャニーズのファンであることから「ジャニーズ漫談」を披露することもあります。

そんな銀シャリの主な受賞歴や戦績は、「M-1グランプリ2006」準決勝進出、「第28回ABCお笑い新人グランプリ」新人賞、「第29回ABCお笑い新人グランプリ 」優秀新人賞、「第30回ABCお笑い新人グランプリ」新人賞および最終決戦進出、「第39回NHK上方漫才コンテスト」優秀賞、「第40回NHK上方漫才コンテスト 」最優秀賞、「M-1グランプリ2010」第5位、「第46回上方漫才大賞」新人賞、「キングオブコント2012 」第7位、「第2回 ytv漫才」新人賞、「M-1グランプリ2015」第2位、「第51回上方漫才大賞」奨励賞となっています。
鰻さんは、「baseで一番はじける笑顔の持ち主は誰?」コンテストにて1位を獲得したこともありました。

鰻さんは銀シャリとしての活動以外にも、2010年10月から河内家菊水丸さんに弟子入りし、2011年6月15日付けで菊水丸さんから「河内家上り丸(のぼりまる)」の襲名を許され、音頭取りとして活動をしていたり、小学校1年生のときから漫画を描き続けていたという実力を発揮した1コマ漫画本「どう使うねん」(竹書房)の発売もしています。

一方、橋本さんは、関西学院大学経済学部卒の高学歴芸人としても知られており、テレビやラジオなどピンでの活動も多いです。

現在も、「じもてぃ愛情マップみんなすきやねん!」にてコンビでMCを担当している他、「おはよう朝日です」のサブコメンテーターを務めるなど、ともにテレビ番組にも多く出演している銀シャリの今後の活躍も楽しみですね!

結成時期 2005年
所属事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
芸風 漫才
この芸人と似ているタイプの芸人 不明 ※情報お待ちしております
運営しているSNS 銀シャリ鰻のツイッター

ニュース・噂話など 「7人目の鰻になってください」銀シャリ鰻が結婚、入籍は土用の丑の日
“たまにキスするから激しい”銀シャリ東京ライブ、漫才やゲームで盛り上がる
鰻ピンチ!銀シャリがM-1優勝したら新婚旅行はキャンセル
スポンサーリンク

 - コンビ芸人, 人数, 吉本クリエイティブエージェンシー, 所属事務所, 漫才, 芸歴, 芸風, 若手