ふかわりょうのお笑い動画・芸歴・芸能噂話・運営しているSNSなどの情報

スポンサーリンク

ふかわりょうこと府川亮さんは、ワタナベエンターテインメント所属のお笑いタレントです。
芸人としての活動と並行してROCKETMANやryo fukawa名義での音楽活動も行っています。

ふかわさんは慶應義塾大学在学中の1994年にデビューし、1998年に小西康陽さんとともに音楽ユニット「ROCKETMAN」を結成しました。
2000年からは「内村プロデュース」にレギュラー出演し、クラブ三宿Webのイベント「ROCKETMAN DELUXE」に出演するなどDJとしての活動も開始します。
2006年からは、ラジオ番組「ROCKETMAN SHOW」のナビゲータを務め、2014年10月からは同番組の後継番組「life is music」のナビゲーターも務めています。
2010年には配信限定シングル「dancemusic」がiTunes Storeでチャート1位を獲得し、2012年からは「5時に夢中!」のMCに抜擢されるなど、音楽活動、芸人活動ともに好調な活躍ぶりを見せました。
2013年に音楽活動においての名義をROCKETMANからryo fukawaへと変更し、「テノヒラレコード」を設立、2014年9月18日には、アイスランド総合研究所の名誉教授に任命されています。

そんなふかわさんの芸風はシュールな一言ネタや自虐的なネタが特徴で、デビュー当初は「シュールの貴公子」と呼ばれていました。
「小心者克服講座」というネタでは、相手にちょっとしたダメージを与えるあるあるネタ(「お前ん家の階段、急だな」、「お前何年耳鼻科通ってんだよ?」など)で人気を得ていました。
バラエティー番組への出演が多くなってくると、徐々に当初の「シュールの貴公子」のイメージからははずれてゆき、「リアクション芸人」や「いじられ役」としてのキャラクターを確立させてゆきました。
それに伴い、「ティン!」、「コラー!」、「カチーン」、「シュワシュワ」、「ニー」、「ター!」、「ニュルン」など、すべり芸用のギャグも増えました。

現在も「5時に夢中!」、「OTHERS」、「王様のブランチ」などのレギュラー番組を複数抱える傍ら、音楽活動も精力的に行い活躍中です。
マルチな才能を持つふかわさん、今後もどんな活躍を見せてくれるのか楽しみですね!

結成時期 1994年
所属事務所 ワタナベエンターテインメント
芸風 いじられ系・リアクション・司会
この芸人と似ているタイプの芸人 今田耕司
運営しているSNS ふかわりょう「life is music」オフィシャルブログ
ふかわりょう(ROCKETMAN)のツイッター
ふかわりょうオフィシャルサイト
ニュース・噂話など メディア出演急増中、ふかわりょうはなぜ干され、なぜ復活できた?
岡本夏生、ふかわりょうとの絶縁から1カ月……「ブログが怖すぎる」といわれるワケ
ふかわりょう 音楽活動をする悲痛な理由とは…?
スポンサーリンク

 - いじられ系, トーク・司会, ピン芸人, リアクション, ワタナベエンターテインメント, 中堅, 人数, 所属事務所, 芸歴, 芸風