くるくるコミック(よね皮ホホ骨 おぎの信号)のお笑い動画・芸歴・芸能噂話・運営しているSNSなどの情報

スポンサーリンク

くるくるコミックは、「おぎの信号」さんこと荻野晋吾さんと、よね皮ホホ骨さんによる、よしもとクリエイティブエージェンシー所属のお笑いコンビです。
おぎの信号さんは元々、田口れんじさんの「Wコミック」における15番目にして最後の相方としてコンビを組んで活動していましたが、2010年12月以降、田口さんの病気療養のために活動を休止しました。
田口さんの復帰を待つ中で、当時ピン芸人として活躍していたよね皮ホホ骨さんとコンビを組んで、2012年12月に「くるくるコミック」を結成します。
この「くるくるコミック」というコンビ名は、よね皮ホホ骨さんが1999年1月から2003年3月までコンビで活動していた「くるくるサーカス」というコンビ名と、おぎの信号さんの「Wコミック」を合わせてつけられました。
その後、田口さんは2013年10月11日に肺炎のため70歳で死去してしまい、復帰は叶わず、おぎの信号さんは現在はくるくるコミック一本で活動しています。

くるくるコミックの芸風は漫才で、つかみに、おぎの信号さんがよね皮ホホ骨さんの濃い顔をネタにすることが多いです。
「安心して下さい。日本人ですからね」という台詞や、よね皮ホホ骨さんのことを「タイ人」と言ったりして笑いを誘います。
ネタでは「野球のヒーローインタビュー」といったネタがあり、よね皮ホホ骨さんがアナウンサー役を、おぎの信号さんがヒーロー選手役を務めますが、よね皮ホホ骨さんが「放送席、放送席、ヒーローインタビューです!」と言うはずの台詞を、「妄想癖、妄想癖、ヒーローインタビューです!」と言ったりと、笑いどころが満載です。
その他、おぎの信号さんは「棒くぐり」や「足抜き」といった芸も得意で、テレビ番組等で披露することもあります。

そんなくるくるコミックのおふたりは、現在は単独イベントや舞台を中心に活躍していらっしゃいます。
温かい人柄でも知られ、多くの人から慕われるくるくるコミックのおふたり、今後の活躍も楽しみですね!

結成時期 2012年
所属事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
芸風 漫才
この芸人と似ているタイプの芸人 不明 ※情報お待ちしております
運営しているSNS おぎの信号『青』のツイッター
おぎの信号『黄』のツイッター
おぎの信号『赤』のツイッター
ニュース・噂話など おぎの信号のブログ『おぎの細道』
スポンサーリンク

 - コンビ芸人, 人数, 吉本クリエイティブエージェンシー, 所属事務所, 新人, 漫才, 芸歴, 芸風