三四郎(小宮浩信 相田周二)のお笑い動画・芸歴・芸能噂話・運営しているSNSなどの情報

スポンサーリンク

三四郎は、小宮浩信さんと相田周二さんによる、マセキ芸能社所属のお笑いコンビです。
ふたりは成城学園中学時代の同級生として出会い、親交を深めました。
元々お笑い好きだった相田さんに対し、小宮さんはお笑いに関してさほど興味を持っていなかったのですが、受験でのストレスや高校を留年してしまったことから吹っ切れ「どうせなら正反対の方向に行ってやろう!」と思ったことがきっかけで、相田さんに感化されるようにお笑いに興味を持つようになりました。

そして高校卒業後、フリーターをしていた小宮さんが成城大学に通っていた相田さんを誘う形で2004年にコンビを結成します。
コンビ名を「三四郎」とし、スクールJCAに13期生として入学、芸人活動を開始しました。

途中、ピン芸人のあべじゅりあさんを加え、「次男坊」というトリオで活動していた時期もありましたが、1年後に「お前らにはついていけない。頭おかしいの小宮だけだと思ったら、相田もなんだもん」という台詞を言い残し、あべじゅりあさんが脱退、以後はコンビ「三四郎」に戻って活動をしています。
コンビに戻ってからはフリーとして3年ほど、げんしじん事務所を中心にライブ活動を行っていましたが、その後マセキ芸能社に所属、現在に至っています。

三四郎の芸風は主に漫才で、小宮さんの滑舌の悪さや独特な発想によるボケと、相田さんの美声を活かした歌ネタが特徴です。
当初は小宮さんがツッコミで相田さんがボケを担当していましたが、ネタによって役割が入れ替わり、ボケとツッコミをどちらもこなすことができるのも強みです。

ネタの基本的な流れとしては、始める前に小宮さんが「はい! 絶対頑張ります!」と叫び、舞台の左右からそれぞれ「人たち〜」と手を振るなどして登場します。
締めでは小宮さんが相田さんのことを「アイツ最近○○してるから......」と言って終わることが多いです。

そんな三四郎の主な戦績や受賞歴は、2010年「M-1グランプリ」準々決勝進出、2012年「THE MANZAI2012」二回戦進出、2013年「歌ネタ王決定戦」出場、「平成25年度漫才新人大賞」本選進出、「第4回 あなたが選ぶお笑いハーベスト大賞」準決勝進出、「THE MANZAI2013」認定漫才師、2014年「THE MANZAI2014」認定漫才師、2015年「M-1グランプリ」準々決勝進出となっています。

現在は、「三四郎のオールナイトニッポン0」、「三四郎の『絶対頑張ります!(仮)』」(ニコニコ生放送)といった冠番組をはじめ、「万年B組ヒムケン先生」等のテレビ番組への出演やライブ活動と、精力的に活躍中です。
「絶対頑張ります!」でお馴染みの三四郎のおふたり、今後も絶対頑張る活躍を期待しています!

結成時期 2004年
所属事務所 マセキ芸能社
芸風 漫才
この芸人と似ているタイプの芸人 不明 ※情報お待ちしております
運営しているSNS 三四郎・相田周二のツイッター
ニュース・噂話など 三四郎・小宮浩信の発言で女性スタッフが絶句「キレイじゃない人は…」
ブルジョア漫才コンビ・三四郎の逆襲!「“庶民の星”小宮は幸せになっちゃいけない」
三四郎の小宮浩信が吉本興業を選ばなかった理由「肌が合わなかった」
スポンサーリンク

 - コンビ芸人, マセキ芸能者, 人数, 所属事務所, 新人, 漫才, 芸歴, 芸風