よゐこ(濱口優・有野晋哉)のお笑い動画・芸歴・芸能噂話・運営しているSNSなどの情報

スポンサーリンク

よゐこは、濱口優さんと有野晋哉さんによる、松竹芸能所属のお笑いコンビです。

ふたりは同じ中学校かつ同じ塾に通っていたことから仲良くなり、卒業後も同じ高校に進学しました。
高校では同じクラスになることはなかったものの、手紙のやりとりなど親交を持ち続け、高校卒業後の1990年に東急ホテルのコックに就職していた有野さんを濱口さんが誘い、口説き落とす形でコンビを結成しました。

その際、「吉本はライバルの若手芸人が多いが、松竹なら(ライバルが少なく)簡単に売れそうだ」という考えから、吉本興業ではなく松竹芸能の養成所を選んでいます。
コンビを組んだふたりは当初「有野&濱口」というコンビ名で初舞台を踏みましたが、その後コンビ名を「なめくぢ」に改名しました。
ところが、このコンビ名は事務所と北野誠さんから不評を買い、その場に置いてあった幼児向け雑誌の「よいこ」への改名を勧められたふたりは、ささやかな反抗として「い」の字を「ゐ」に変えて現在の「よゐこ」というコンビ名になったのだそうです。

かくしてよゐことしての活動をスタートさせたふたりは「怒涛のくるくるシアター」、「すとらびん式」などに出演するものの、あまり良い評価は得られず、早々と東京へ進出することとなります。
東京進出後は、「とぶくすり」や「ウッチャンナンチャンのウリナリ」、「めちゃ×2イケてるッ!」、

「笑っていいとも!」等人気番組への出演や、渡辺満里奈さんのラジオ番組にゲストとして出演したことも
合わせて、みるみるうちに全国的な人気と知名度を上げてゆきました。
そんなよゐこですが、若手時代には先輩から礼儀や態度のことで注意されることも多く、笑福亭鶴瓶さんやミスハワイさんらから厳しい叱責を受けたこともあるそうです。

しかし、挨拶や礼儀作法ができないことを逆手に取ってキャラクターとして売りにし、ウンナンの正月特番の企画では、先輩芸人であるおぼん・こぼんさんに対して、横柄な態度をとったり、教えてもらった寄席のルールをすぐに破ったりなどの失礼な行動をノリとしてあえて演じ切りました。

よゐこの芸風は主にコントで、“シュールコントの元祖”と呼ばれています。
シュール感を際だたせるために、あえて台詞を棒読みするなどの趣向を凝らしています。
また、本来ツッコミ担当である濱口さんが極度の天然ボケであることから、「有野さんがボケであり、濱口さんはそれに対する戸惑いでツッコミではない」という、ボケとツッコミの役割にとらわれない独特のスタイルも大きな特徴です。

その他、「よーいこ(よーいドンのポーズで)」、「すべってごめんね」、「はいはいはいはいすべりましたよ」等のギャグも披露することがあります。
舞台では濱口さんが主役を、松竹の後輩芸人が脇役を、有野さんが悪役を演じることが多いです。

そんなよゐこの受賞歴は、1992年 「第13回ABCお笑い新人グランプリ」審査員特別賞、となっています。


現在も、テレビやライブを中心に活躍中のよゐこのおふたりですが、コンビでの活躍はもちろん、近年ではお互いにピンで活躍することも増えてきています。
ライブは、年に1回ずつ夏と冬に単独ライブを開催しており、夏のライブは「よゐこのこども祭り」と呼ばれ、大人と子ども(4歳〜12歳まで)での参加が必須条件となっているそうですよ!

当初は不仲を売りにしていたこともありましたが、本当はとても深い絆で結ばれているよゐこのおふたり、今後のご活躍も楽しみですね♪

結成時期 1990年
所属事務所 松竹芸能
芸風 コント
この芸人と似ているタイプの芸人 不明
運営しているSNS 松竹芸能 よゐこオフィシャルサイト 415号室
よゐこ有野 書記係になりました!!―よゐこ有野 オフィシャルブログ―
有野△。のツイッター
ニュース・噂話など アッキーナ、よゐこ濱口との結婚は進展なし
よゐこ濱口優 ロケで「どうせ使われない」と言う若手芸人に苦言
よゐこ有野、濱口優の行き過ぎたイタズラについていけなかった過去「焼き飯に手形」
ある先輩芸人と出会って、最強のジョーカーに生まれ変わったよゐこ
スポンサーリンク

 - コント, コンビ芸人, ベテラン, 人数, 所属事務所, 松竹芸能, 芸歴, 芸風