野沢直子(Naoko Auclair)のお笑い動画・芸歴・芸能噂話・運営しているSNSなどの情報

スポンサーリンク

野沢直子さんことNaoko Auclair(ナオコ・オークライヤー)さんは、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いタレントです。

野沢直子さんは高校生のときに素人参加番組「ドバドバ大爆弾」に出演し、そこでの活躍が大御所お笑いタレントの目に止まりスカウトされ、1983年に芸能界デビューしました。
当初は劇団テアトル・エコーに入団しましたが芸風が合わずに早々と退団、退団後は、声優であり演出家の叔父・野沢那智さんが、吉本興業の木村政雄さんに野沢直子さんのことを紹介したことから吉本入りとなりました。
吉本への所属後は、突拍子もない話術や奇抜な服装で注目を集め、「夢で逢えたら」をはじめとする数々の人気番組に出演し、人気と知名度を上げてゆきました。

ところが、そんな人気絶頂の時に野沢直子さんは突然日本での芸能活動休止を宣言し、出演していたレギュラー番組を全て降板、単身で渡米してしまいます。
何の伝手もない状態で突然渡米してしまった野沢直子さんは周囲を大変驚かせましたが、後に自身で当時を振り返り「ゴールデンの冠番組なんかより、私は世界を目指した」と笑いながら語っています。

こうしてアメリカに活動の拠点を移した野沢直子さんは、ギタリストのボブ・リンプさんと結婚した後は、アメリカで舞台に出演する傍ら、年に1〜2度日本に帰国してゲストやクイズ番組の解答者としてテレビに出演するようになりました。
近年では、所謂“出稼ぎタレント”として大橋巨泉さんに次いで有名となっています。

そんな野沢直子さんの芸風と言えば、なんといってもその「突拍子もない話術」です。
予測不能で素っ頓狂な言動や破天荒な解答で、瞬く間に周囲に笑いの渦を引き起こします。
「クイズ世界はSHOW by ショーバイ!」では約2年半にわたりレギュラー解答者として出演していましたが、司会を務めていた逸見政孝アナウンサーを見事なまでに振り回し、「真面目一本だった逸見政孝を、あそこまで面白いキャラクターに育てたのは野沢直子の功績が大きい」と、同じくレギュラー解答者であった山城新伍さんからも高く評価されています。

現在は1男2女の母親となった野沢直子さんですが、子どもたちの夏休みに合わせて帰国する形で様々な番組に出演し続けており、今なお破天荒ぶりは健在です!
2010年には小説「アップリケ」を出版し、小説家としても活躍しています。

マルチでグローバルな活躍を続ける野沢直子さん、今後の活躍も楽しみですね♪

結成時期 1983年
所属事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
芸風 トーク
この芸人と似ているタイプの芸人 清水ミチコ
運営しているSNS 野沢直子のブログ
ニュース・噂話など 野沢直子の娘たちの画像とエピソードをまとめてみました
【英語力】野沢直子の英語力が凄いという噂を検証してみました。
野沢直子と小川菜摘が絶縁中?2人が仲直りする可能性は…
野沢直子の「出稼ぎシーズン」が到来 日本滞在中は小川菜摘宅に居候
スポンサーリンク

 - トーク・司会, ベテラン, 人数, 吉本クリエイティブエージェンシー, 女性芸人, 所属事務所, 芸歴, 芸風