博多華丸・大吉のお笑い動画・芸歴・芸能噂話・運営しているSNSなどの情報

スポンサーリンク

博多華丸・大吉は、博多華丸さんこと岡崎光輝さんと、博多大吉さんこと吉岡廣憲さんによる、よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京本社所属の漫才コンビです。



ふたりは大学の落語研究会で出会い、1990年4月に地元で開催されたオーディション番組「激辛!?お笑いめんたい子」に出場したのを機に吉本興業福岡事務所の1期生オーディションに合格、同年5月にデビューしました。

デビュー当初は『華丸・大吉』として活動をしていましたが、その後“芸名(平仮名で)7文字が売れる”というジンクスをもとに、めでたい名前をつけようということで『鶴屋華丸・亀屋大吉』に改名しました。

こうしてコンビとしてデビューしたふたりは、デビューの翌年から地元テレビ番組「どっちもどっち博多っ子倶楽部」にレギュラー出演、1993年には「とことんサンデー」の司会に抜擢され、瞬く間に九州・山口地方でトップクラスの人気を獲得することとなります。

全国デビュー前に「めちゃ²モテたいッ!」にて福岡の人気芸人として紹介されたこともありました。

そして、2004年4月に姓名判断に詳しい福岡事務所の女性パート職員の助言から屋号を博多に変更、翌年『博多華丸・大吉』として東京へと進出します。

東京では苦戦するものの、2005年10月「とんねるずのみなさんのおかげでした」内のコーナー「博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜」に華丸さんが出場、児玉清さんのものまねで優勝し注目を集めます。

同選手権では翌年も優勝し、唯一の連覇達成者となりました。
また、華丸さんは2006年に「R-1ぐらんぷり」にも出場し、同じ児玉清さんのものまねで優勝しています。

一方、大吉さんは「アメトーーク」にて「大吉先生」として人気を上げ、トークの上手さが高く評価されたことから、レギュラー番組を増やしてゆきます。

「アメトーーク」では2012年末に、多くの芸人に愛され視聴者に暖かい笑いを送り続けたとのことで「アメトーーク大賞」を受賞しました。

2014年には「THE MANZAI」で優勝を成し遂げています。

博多華丸・大吉の芸風は漫才で、博多弁を多用していること、福岡の「博多仁和加」という伝統芸能をもとにした、他人を攻撃するネタは演じないなどの“穏やかで暖かい笑い”が特徴です。

華丸さんのとぼけた言動を大吉さんがたしなめる、というように頭を叩くなどの激しいツッコミはありません。

基本的に華丸さんがボケを、大吉さんがツッコミを担当していますが、ごく希に大吉さんのネガティブな言動に華丸さんが困惑するという立場を逆にしたネタを披露することもあります。

その他、コントを披露することもあり、漫才と同様に華丸さんが博多のおじさんに扮するネタや、川平慈英さんのものまねを取り入れたネタもあります。


そんな博多華丸・大吉の主な受賞歴は、「R-1ぐらんぷり2006」優勝(華丸さん)、「アメトーーク大賞2008」流行語大賞(大吉さん)、「べしゃり・オブ・ザ・イヤー2009」第5位(大吉さん)、「THE MANZAI 2014」優勝、となっています。



現在もテレビやライブを中心に活躍中です!
まるで恋人同士のようにコンビ愛が強いことで知られる博多華丸・大吉のおふたり、今後の活躍からも目が離せませんね♪

結成時期 1990年
所属事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
芸風 漫才・コント
この芸人と似ているタイプの芸人
運営しているSNS 博多華丸・大吉私心電信(本人らによるブログ)
ニュース・噂話など 芸人からも愛される博多華丸・大吉さん - NAVER まとめ
「華丸さん、会いたい…」博多大吉が泥酔で漏らした“相方愛”
スポンサーリンク

 - コント, コンビ芸人, 中堅, 人数, 吉本クリエイティブエージェンシー, 所属事務所, 漫才, 芸歴, 芸風