ケンドーコバヤシのお笑い動画・芸歴・芸能噂話・運営しているSNSなどの情報

スポンサーリンク

ケンドーコバヤシさんこと小林友治さんは、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑い芸人です。




ケンドーコバヤシさんは1992年4月に大阪NSCに11期生として入学しました。

NSC在学中には『沖・小林』というコンビを経て、ユウキロックさんと『松口VS小林』を結成します。

『松口VS小林』は、ツッコミにドロップキックなどのプロレス技を用いたり、ネタをしながらお互いにプロレス技を掛け合うなどやりたい放題の芸風で人気を博しましたが、1995年に方向性の違いから解散してしまいます。

その後は村越周司さんと『モストデンジャラスコンビ』を結成しますが、村越さんの引退により2000年3月に解散(村越さんは2006年にピン芸人として復帰)、以後ピン芸人としてbaseよしもと、うめだ花月を中心に活躍しました。

ピンとなったケンドーコバヤシさんは、バッファロー吾郎さん主催の大喜利イベント「ダイナマイト関西」では参加芸人中最多の5回の優勝を勝ち得、イベントやラジオでも多数共演し“バッファローファミリー”と称されるようになります。

2001年には初冠番組である「吉本超合金K・ケンコバ大王」が放送を開始したこと、「見参!アルチュン」、「?マジっすか!」に出演するようになったことから大阪の若者を中心に人気を上げてゆき、2006年には「ちちんぷいぷい」にレギュラー出演し多くの人々に知られるようになりました。

また、東京でも、2003年頃からダウンタウンが司会の「考えるヒト」をはじめとする全国放送のテレビ番組に出演するようになり、2006年には「アメトーーク」にて“越中詩郎大好き芸人”として大ウケ、「人志松本のすべらない話」、「やりすぎコージー」、「ゴッドタン」、「明石家さんちゃんねる」などの人気番組に多く出演し、全国的に知名度を上げました。

近年では、芸人としての活動の傍ら、映画「パッチギ!」、「ヤッターマン」や、ドラマ「BOSS」など、俳優としての活動も目立ってきています。

ケンドーコバヤシさんの芸風はコントと漫談で、プロレス技を取り入れたネタや下ネタも多いようです。

特に下ネタでは、大阪で「ピンクローター漫談」というコントを披露し関西での全てのレギュラー番組を降ろされてしまったことがあったり、「アメトーーク!」のプレゼン大会の企画に「マジックミラー号芸人」、「オリジナ○○芸人」、「赤ちゃん芸人 ~baby,don't cry~」など放送が憚られるような内容の企画を多数持ち込み「裏DVD」の企画として収録されることも多いです。


そんなケンドーコバヤシさんの主な受賞歴や戦績は、2000年「第2回・第3回ダイナマイト関西」優勝、2001年「オールザッツ漫才」優勝、2005年「第11回ダイナマイト関西」優勝、「BGO上方笑演芸大賞」大賞、2006年「BGO上方笑演芸大賞」話術賞、2008年「第14回ダイナマイト関西」優勝、2009年「S-1バトル」月間チャンピオン(10月)、となっています。



現在もテレビやライブを中心に活躍中です!
「アメトーーク」の食シリーズに数多く出演しており、「ポテトサラダ芸人」、「あぶら揚げ芸人」、「梨大好き芸人」、「ネギ芸人」、「お餅芸人」、「しょうが芸人」、「にんにく芸人」、「明太子芸人」、「立ち食いそば芸人」、「天下一品芸人」としても知られるケンドーコバヤシさん、今後の活躍からも目が離せませんね♪

結成時期 1992年
所属事務所 吉本クリエイティブエージェンシー
芸風 コント
この芸人と似ているタイプの芸人 千原ジュニア
運営しているSNS 公式プロフィール
ニュース・噂話など 【本名は小林卍丸】ケンドーコバヤシの変な嘘 【本名は禿鷹丸】 - Naverまとめ
スポンサーリンク

 - コント, ピン芸人, 中堅, 人数, 吉本クリエイティブエージェンシー, 所属事務所, 芸歴, 芸風